システム4【発想】

思いついたアイデアを具体的に
成果に結びつけるためのリフィール

ラインナップ

ドット方眼メモ3.5ミリ

ドット方眼メモ3.5ミリ
図や表が描きやすく、行ノートや方眼ノートとしても使える3.5ミリのドット方眼リフィール。

方眼5ミリ

方眼5ミリ
コピーで写りにくい印刷色の5ミリ方眼リフィール。


インフォメーションメモ

インフォメーションメモ
タイトルや日付、目的などが書ける専用欄付き。アイデアスケッチや図面・グラフの作成や情報を整理するときなどに便利。

発想とは

現在ビジネスパーソンに求められる能力は、革新的な新商品、新サービス、他社と差別化をつけられる創造性です。そのためには新しいアイデアをだす発想力とそれを具体的な企画、商品、サービスにする実現力です。
アイデア、発想はアウトプットです。これを出すにはインプットがなければ出てきません。いくらアイデアや発想のノウハウ本を読んでも良いアイデアは生まれてきません。 いかに多くのインプットをし自分の中にいつでも引き出せる引きだしを作っておかなければすばらしい発想は出てこないのです。
そのためにはバインデックス システム3の記録・データリフィールを使い記録し、データとして整理して使える情報にしておく必要があります。
そしてシステム4の発想リフィールでまとめ具体的な企画、商品、サービスを実現します。

発想のポイント

発想を習慣化するためには(インプット)
・問題意識を持つ
・情報収集のアンテナを鋭くする
・ひらめきを書きとめる
発想を具体的に形にするには(アウトプット)
・情報を活用できるように整理する(アイデアの引出しを作る)
・まとまった時間をとり、発想を具体的な企画、提案に作り上げる

ページトップへ